最新情報

OZAKI AVRec Systemのランチョンセミナー開催について。

2014年10月06日

OZAKI AVRec Systemのランチョンセミナー開催について。

2014年10月1日に第67回日本胸部外科学会学術集会におきまして、大動脈弁疾患手術の最前線に関しますランチョンセミナーが開催されました。
セミナーでは、以下の2公演が開催され、多くの方々にご参加いただき満員となりました。御礼申し上げます。

公演1
演者:尾崎 重之先生(東邦大学医療センター大橋病院 心臓血管外科教授)
大動脈弁疾患手術の新しい選択肢~大動脈弁再建術(尾崎法)(OZAKI AVRec)~

公演2
演者:Domenico Mazzitelli, MD (German Heart Center Munich/Technical University of Munich Dept. of Cardiovascular Surgery, Senior Consultant)
The possibilities of tissue engineered CardioCel for cardiac valves reconstruction

ランチョンセミナーでは、自己心膜を使用した大動脈弁再建(弁形成)術について、OZAKI AVRec Systemについての説明が行われました。


1参照:株式会社日本医療機器開発機構、「事業家までの道のり:サイザーセット(OZAKI VRecサイザー/OZAKI VRecS)~大動脈弁再建(形成)術~」http://jomdd.com/2014/05/210.html、2014年5月26日)

このページの上部へ